ササクレ屋

シロノワール(概念)

2020年6月21日くらいの日記

03:36

◆今日(20日)はずっとゲームをしていたような気がする。いや昼間は寝ていたのでずっとじゃない。夜も昼も寝ていた。
◆20日のログストで神楽さんが玲ちゃんと結婚したのでびっくりして夜中まで起きてた。そのせいなのか昼しんどくて寝てしまったんだった。びっくりした。それで、何も言えなくておろおろしていた。何をうろたえているんだろうと思ったけど、うろたえていた。いや不満とか全然なくてむしろすごくいい話だったから、神楽さんまたいい扱いしてもらってるなあみたいなことは思った。スタマイにおける神楽さんの扱いって本当に恵まれてる。その最たるものが藍田さんが本編担当っていうことなんだけど、それだけじゃなくて、よくしてもらってるな、ありがたいなと思う。違う、そういうことを言いたいんじゃなくて私も
◆私は羨ましかったんだろうと思う。昨日は見かけてないけど、こう、ふせったーに思いの丈をぶつけるみたいな衝動が、ひとにはあって自分にはないことを残念に思って、その衝動を羨ましく思ったんだろう、また。
◆私はコンテンツのことをちゃんと好きなのかなーと思ってしまうんよねきっと。ひとが自分とは違ってもっともっと感情を揺さぶられている様子を見て、私はそんなでもないなー一応これでも好きなつもりなんだけど、熱心に好きなつもりでいるんだけども、と思ってしまう。好きじゃないのかなと思わなくもない。それほど好きじゃないのかもしれない。でもそうだとしたら残念なんだよねきっと。残念だし、哀れな感じがする。
◆まあわりとどうでもいいというか、上辺の話なのでたいした問題ではないですね。表出の形式は違っても好きとか熱意とかなければ何年もひとりでWikiの更新とかしてないはずだし? いや実は関係ないかもしれないけど私の場合。
◆玲ちゃんは神楽さんに抱きしめられるとドキドキするとかじゃなくて緊張がほぐれるし笑ってしまうのだということ、長いつきあいでそういうふうなことがわかってること…なのがいいというような意味の感想を見て、本当にその通りだなと思ったけど自分はそんなふうに咀嚼できてなくてただうろたえていただけなので感心したし、羨ましかった。かつて、もう20年近く昔のことだけど、対象についてすぐ深読みして語りたがっていたことがないこともないので、なるほど……と思わなくもない。そんなふうにはもうできないと思うし、ていうかできたとしてもしないし、それはつまりものごとをそんなふうには愛せないということであるし、やはり、どこか残念なんだろうな、楽しいからねえ。オタクに非常に憧れているけど自分には務まらないと思っているっていう話をいつもしてるけど、つまりはこの話もそれだよね。

◆まほやくのほう、進捗はあんまりよくないけど時間は取ってるんだよねえ……あとまだ半分くらい残ってる覚醒キャラDB。今日は料理レシピでだいぶ遊んでしまった。まあはてなとか開いてる暇があったら少しずつでもやっとけばいつかは終わるのに、こうして遊んでるからな(ちょっとやってたけど飽きた)。
◆横のモニタでムラシゲさんのリク消化SKETCH見てる。楽しい。きょうはしょっぱなからずっと見てる。描かれてるキャラのことはいつもたいてい知らないんだけど。ムラシゲさん好きだ
◆今日アイス2個食べたんだけどアイス食べたい。牧場しぼりのアフォガートなかなかおいしかったな。今日は食べてないけどスーパーカップの新製品のももヨーグルトみたいなやつもおいしかった。
◆カレーを食べ続けていて幸せだった。今日でカレーはなくなった。カレー作るとしばらく何も考えなくていいしうまいし栄養あるしやっぱりカレー最高だな。
◆カレーがなくなると悲しいし、アイスは毎日食べたい。7月になったら桃を買おうと思う。スイカも食べたいね。このまえ枇杷を買った。そんなにおいしくないやつだった。というか私の記憶(想像)の中の枇杷がうますぎたのが悪いと思う。
◆いつも果物に夢を見すぎていると思う。例年桃を食べたらキマるとかいう話しかしてないと思うし、買いもののたびにそれがループしてるはず。まあ桃はキマるけどね。