ササクレ屋

シロノワール(概念)

2019年10月9日くらいの日記

02:43

ブロマゼパム飲んで寝たらよく眠れたけどなかなか起きられなかった。2マス戻る。
◆でもいい天気だったので、こういう天気のときは調子もいいはず、と言い聞かせてたまっていた雑用を片付けたり冬のお布団を出したりした。まあ調子が良いというのも終わったらまた寝てもいいというのも全然ウソだったんですけど、最終的にはちょっと片付いたからまあいいかと思った。本当はなんかしんどいし動きたくないというか動けないし意味もなくだいぶしにたい感じだったけど無理やり動いたししななかったし偉かった。
◆イベントおつかれ絵のまとめとか作ってたらちょっと楽しくなってきて、そのうちわりと復活した。たぶん脳内になんか出てた。普段人間未満しか分泌しない何かが、楽しい作業によって人間並に出たということだと思う。
◆明日は新しいモニタが届くので、ちょっとめんどくさいけどおおむね楽しみ。
◆大変な台風が来るらしい。恐ろしいことになると言われている。

◆スタマイのアニメ見た。そしてやっぱり私はそんなに嬉しくないし、多くの人が喜んでいるのを見たけど自分はあんなふうにはなれないんだなと思った。話もふーんと思うくらいで私にとっては特に心の動くような展開ではなかったし、ついでに言えば絵もあんまり好みじゃない。たぶん作画は悪くないのだと思うけど、キャラデザが好みじゃない。
◆だいたい21キャラ+玲ちゃんにその他のサブキャラって、1クールに出すには多すぎるよね? それを言うとそもそもアニメが始まらないんだけど
◆あと玲ちゃんが走るとき女の子走りしてて、きれいなフォームじゃなかったのにはがっかりした。陸上部設定ないのかよ。そういうあら探しみたいなことしてしまうので、たぶん私は楽しんでないし、嫌な客だと思う。
◆だいたいアニメのことそんなに好きなわけでもないし、今は特にあんまり見る気力もないし、視聴者としてのコンディションが悪すぎる。だから、ごちゃごちゃ書いたけど、つくっているひとたちはたぶん悪くない、受ける私のほうに問題がある。もっとうきうき楽しみにしていてもいいはずだった。でも結局、あんまり興味ないんだなということがわかっただけだった。
◆ただ青山樹CV杉田智和さんはさすがだったな……
◆こういうこと言ってるのを見ると、私はファンですらないのかなと思ったりする。ファンならなんでも好きにならないといけないとは思わないけど、少なくとも本来は楽しみにしたりうきうきしたりするところだろ。見る前からそれほど楽しみじゃないなと思ってたんだから、Twitterとか見てて、私とはすごい温度差があるなとは思ってた。
刀剣乱舞のこと思い返してみると、花丸が始まったときかなり楽しみにしてた気がするし、なんだか幸せだったような気もする。今は幸せじゃないんですか。そうっすねー、どうなんでしょう、諸悪の根源というか、こうなってることの原因はそもそもセロトニンとかのせいじゃないでしょうかね?
◆オタクの適性はないし、ファンですらないかもしれないと言いつつ、自分なりにスタマイくんのことはすごく好きだよ。本当に。
◆あと、これでも支部がプレミアムで板タブとクリスタを持ってるということがすごく「楽しみ」ではあるのだ。イラストは特に使ってないけど……
◆SSはたまに書いてるからまだ支部はしんではいない。
◆私自分の書いたSSのことかなり大好きだからな。あれはいい趣味だと思う、ひとさまの素晴らしいものと比較して「劣るからダメだ」とか全然思わないのですごい。あんなふうには書けないしぜんぜん違うとわかっていても、ひととは違うからなあとしか思わない。絵だとそうはいかない(下手なものは下手としか思えないくせに上手く描きたい)けど、字は違う。「派手ではないけどいい味出してる」とか「手癖でやっつけたにしては上出来」とか「プロットもなしに書き始めたくせにうまいことオチがついたな」とかいう微妙に良い自己評価ができる。なんそれ。局地的にポジティブすぎるやろ。本当に意味がわからない。
◆まあもうちょっと量が書けると楽しそうだけども、書けるコンディションのときはそんなにないので、それこそひとさまがやってるように同じようにはできないなと常々思っている。
◆あとひとさまはめっちゃ妄想するじゃないすか、私はあんなふうに常に隙さえあれば妄想したりしてないし、例えしようと思ってもそんなに思いつかないし、そもそも「多数のジャンルに推しがいるかどうか」というあたりからして精神構造が違ってると思うし、あれはオタク的素養というか、訓練の賜物だと思うのだけど、やっぱりあんなふうにはなれないだろうと思う。これはセロトニンとかの問題じゃない気がする。
◆今日もどうでもいいことを書いたし、どうでもいいことを適当にやった日だった。寝るよ。今日からお布団がぬくいはずだよ。