ササクレ屋

シロノワール(概念)

そんなふうにしか

日記 17:44

◆昨日はちょっと元気だった。うれしかった。でも用事とかはあんまりがんばらなかった。とにかくラクでよかった。普通に音楽を聴いていいなあと思ったりしていた。前日に外に行くのにVAAMを飲んだからではないのか説がありますね。
◆もうほんとに毎日VAAM飲めよ。
◆今日は全然がんばらない。
◆ちょっと寝逃げ。

日記

◆おはよう。
◆何も食べないで寝てばかりいるのはまずいと思い、手は抜いたが鍋ものっぽいものを食べた。この栄養で明日がんばりたい。ごはんを食べたのでアイスを食べてもいいしもう寝てもいい。
◆いや、さすがに寝すぎだろう… 明け方から14時まで寝てたし、さらに18時から4時間寝てたろ。
◆ハーゲンダッツほうじ茶ラテを食べた。ほうじ茶の味がするアイスだった。わりと普通だった。ハーゲンダッツ割引デーだったので買った。あとハーゲンダッツ安納芋があります。スーパーの焼けてる焼き芋(安納芋)198円を買おうかと思っていたけど、迷って止めてアイスにした。安納芋どうしなので仲間と思う。

◆好きな人にはなるべく好きと伝えたほうがいいというのがなぜか本日のテーマで、好きな人たち(ゲーム関係)にすきと言ってからうろたえたりしていた。私なんかに好かれても気持ち悪いもしくは迷惑なのではみたいな歪んだ認知をごく自然に持って、いくら否定してもぬぐいさることができずのたうつことになったので、おいおいテンプレかよと自分でも呆れた。
◆まあ人間とうまく関われないのはいまに始まったことではないのでそれはもういいです。うまくやろうとはしない。ただもししくじるともう余力がなくて身がもたないので、できればしくじりようがないほどすべてから遠ざかっていたい。
◆だからなんか今日はちょっとおかしかったですね、不具合だな。
◆ひとにはあんまり信じてもらえてない気もするけど、私はいまの、表面的には誰とも関わらない暮らしをたいそう気に入っているし、一般的に寂しさと称されているような感情は無くてむしろ安寧と生きやすさを感じているし、いやもういっそなんとかこのままやり過ごせないかということばかり考えているといってもいい。
◆世界の果てまでぼくもつれてってよ だれもいない場所へ(ただし光回線が来ててWi-Fiがつかめる場所)

◆最近VAAMの値段が上がっていたの、ちょっとぐぐったけどメーカー値上げっぽいので、近所で安いときに買おうと待っていても無駄みたいだ。いつもの水に溶かすタイプのやつで、1箱あたり400円くらい上がったと思う。近所よりAmazonのほうが安くなってる。
◆Amazonほしいものリストにキーボードのほかにいろいろたまってきたのでそろそろ注文するか……。普段はあんまり不自由に感じないけど、壊したの左のShiftキーなので、表計算ソフトでショートカットもりもり使うときには困ると思うし。
◆まとめて注文してもわりとばらばらに届くからあんまり意味はないみたいだけどね。
◆Amazon干し芋を公開しておいてお中元お歳暮シーズンに仲間うちで贈り合うという文化があるそうで、とても楽しそうだと思うのだけど、随分まえに誘ってもらったので自分でもそういうリストを作ってみようとしたら、入れるものを何も、本当に何も思いつかなかった。私も贈りたいとは思ったのに。つまらないやつだ。
◆通常のリストに入れてるものは、何か選んでて一時的に複数の候補をぶち込む以外では、何かと一緒に注文する予定のもの(遅かれ早かれかなり確実に買うもの)と、買いはしないけど忘れてしまうのがなんだか惜しいもの(具体的には本とCDととても高価かつ素晴らしいプロダクト)の二極にだいたい分かれる。ようするにほしいものはだいたい全部買っているし、買えないものはほしくならないし、リストに入れてるからといって手に入れたいとは限らない。それ以外に、自分では買わないけどもらったら嬉しいくらいのほしいもの、つまりひとと贈り合うのに適切なものみたいなのは特にないのだった。
◆まあ食べたり飲んだりできる消えものならまだいいのだけど、ものが増えることに関して謎の焦燥と罪悪感を感じるみたいなところはあるよね。片付けて荷物を減らせないことにもだけど。
◆つまらないやつだ(その点においては)。

a Beautiful Day(Deluxe Edition)

a Beautiful Day(Deluxe Edition)