ササクレ屋

シロノワール(概念)

また鍛刀キャンペか

活撃おわったよね

◆劇場版に続くって感じなのかな、どうなるのかわからんけどちゃんとあれで終わってるよね? 結局最後まで私は自分が薄情な視聴者だなと思うばかりで、ところどころ興味をひかれるところがあったり場面場面ではすごく良いなと思ったりしつつ、総合的には、謎が広がりなんかそれっぽい展開はするけど伏線あんまり回収されずなんとなく終わってしまったあたり、検非違使ポエムみたいな話のアニメだったなとおもいました。
◆歴史は変わらなかったが余計な犠牲者が出てしまったので本当にこれで歴史を守れたと言えるのかと、何度も問いかけては結局答えが出なかったっぽいし、余計な犠牲者が出てしまったので芋煮会を開催して遺族にふるまう第一部隊っていうのも、おもしろいけどそれはそれで意味はわからんかった。
◆そもそも原作においても、時間遡行軍が何者で最終的に何を目指してるのかはさっぱりわからんし、時の政府が歴史改変を許さない理由もわからんし、わからんままにして話を進めるのだから、あんまり「歴史を守るとは」みたいなことを掘り下げようとすると難しいよね。
◆第一部隊、何だかよくわからん仕様の敵が出たけどとりあえずぶっ殺しとくねーとか、1000体来るのかOKとりあえずぶっ殺しとくねーとかのあのノリは、鬼つよで好きだった。比して戦力的にかなり劣る未熟な第二部隊がメインになってたのは、それが描きたいことだったからなのだろうけど、それを見たかったかといわれると個人的にはそうでもなかったようだった。見たさで言えばつよいほうがよかった。
◆だいたいカンスト勢が低レベル勢を、なんていうか軽く見てる? みたいな脳内設定は我が本丸にはまったくないからな、活撃では第一部隊のこんのすけが他の刀剣担当のこんのすけ達に対して優越感を持ってるふうだったじゃない、あれが意外と最後まで尾を引いた。そういうのはギスギスするじゃないすか。練度による差はあって当たり前なのでそういう描写は好きじゃない。
◆あと全編を通すと堀川くんの葛藤と成長、そして兼さんとの絆の物語だったのだろうと思うけど、そこで私の「それあんまり興味ないや…」が発動してしまって、じゃあ見るべきものがごっそり興味ないことになってしまうので視聴者として私がだめじゃん、ていう感じだった。
 

鍛刀キャンペーン

◆たぶん火曜からだねえ。やっぱりすぐ来たのな。もういい、当分やりたくない。といってもやります、たぶんガンガン回しますけど。
◆資源は買わなくてもいいくらいは備蓄してるし、課金の御札を買ってまでほしいかといわれると、そこまで新刀剣がほしい感じしないんよね。お団子とか鳩なら買うけど、来ないかもしれない鍛刀にはお金使いたくない。
◆巴形薙刀さん以降3振り来なかったけどべつにいいやそのうち来ることもあるだろうと思ってるし、やっぱりそこまでほしいかといわれるとそんなでもないな…っていう……
◆ここでもまた薄情を発揮している気がするな。