ササクレ屋

シロノワール(概念)

Lv40、椿寺

21:33

◆ゲームのイベントが(刀も別ゲーも含めて一斉に)終わってふと我に返ったりしてる。終わってみれば、鬼畜とかいいつつ2週間で10万玉集まったし、スタマイガチャ新規レアカードは結局全部出たしイベ報酬も貰いきったし、アカセカ平賀源内は伊達政宗ともども陰陽どちらもmax上限解放してるという、すべてのゲームの当初の目的を完遂している状態、だめな意味でえらいことになってた。お天道さまに顔向けできない。
◆お天道さまに顔を向けよう! あと薪も割れ! 鬱が治るぞ!!
◆今日は夕方からなんだかちょっと気分が良かった。ひさしぶりに人心地ついたというか。べつにずっと緊張してたわけじゃないしむしろずっとだらだらしてたんだけども、まあよくわからんがとにかく気分がいいなと思った。調子に乗ってあれこれし始めるまえに朝露のように儚く消滅していった。さようなら良い気分…またいつか……

◆調子に乗ったといえば、食べたいものを思いついたら書いておくために存在する私のツイッターアカウントで、またwebサービスのUIについて文句を言い始めてしまって、具体的にははてなブログの投稿時刻表示について、なんでグリニッジ標準時を見せるのだというようなことをえんえんと言ってて、そんな感じの悪いことをしてるから良い気分もすぐに霧散するんじゃないか愚か者めが、と思った。
◆文句を言うUIといえば、eBookJapanさんはようやく解約ボタンを会員情報ボタンの下層に置くようになったので、時間はかかりすぎだろと思うし今更すぎるとはいえやらないよりはやるほうがよいので、よくやりました偉かったですねと思った(偉そう)。あと本棚のフォルダ整理とかもちょっとだけやりやすくなってたかな。誰かがんばってくれた人がいたんだな、よかったなあ。
◆あとはログイン状態に2種類あって、トップページから移動できる店舗部分とマイページの表層だけが見られるログインと、本棚やクレジットカードなどのセンシティブな操作ができるログインの扱いが違うのね。ログインしっぱなしで操作できちゃうとまずいことがあるのは確かなのでそれはいいのだけど、第1段階のログイン状態でマイページから自分の本棚にある電子書籍を読みに行って、本棚をクリックすると毎回そこでパスワードを求めるページが表示され、二重ログインが完了したらもう一回マイページから始まるのとかね、まあわかる、気持ちはわかるし必要なのだろうとは思うけど、パスワード入れたら次は本棚見せろやなんでマイページに戻るんや。そこはがんばれよ。毎回だぞ毎回。そういうところがんばってほしい。たいしたことじゃないし辛抱できなくもないけど、快適さのためにがんばりを見せてほしいところですね(偉そう)。

◆このまえ終物語をAbemaTVで見てたじゃないすか。それで番宣CMでバラエティ番組の一部が流れて、ああやっぱり全然無理だなと思ってたですよ。生身の人間が映るのがとにかくもうアレ。評判のいいドラマとかさ、見ればけっこう楽しいかもよって思うの。できればたまには見たいし好きになりたいけど実際見えてみると人間が無理だった。さすがにざんねんでしたねって思った。
◆ゲームとか漫画とか、オタク趣味の人が好むコンテンツを好んではいるけど私がオタクにはなることができないのは、性格とかもあるのだろうけど何よりもコンテンツに傾けられる情熱の総カロリーが少なすぎるという、健康上の、体力的な問題だと思ってた。あとは老化、感情の劣化。或いはだいたいのものごとに興味を持てなくなるという脳の機能の不具合の。でも本当にまずいのは、やっぱり生身の人間のことが、自分が思ってる以上にじつは嫌いだということなんじゃないかなと最近思うようになった。
◆嫌いだと、それを言い切っちゃうと自分でも本当に自分にがっかりなんですけど、正直にいうとたぶん嫌いなんだと思う。同種の生きものとして当然に、好いていたいといまでも願っているけども。昔からの知り合いとか友達とか、個人的に好きな人はいまでもたくさんいて誰か個人のことが嫌いだということではないけど、人間のことは怖いし嫌いなのだと思う。もう写真や映像でさえ見たくない程度に。
◆人間のことが好きでなくて、人間の出てくる本や漫画のことを、人間のことを歌った楽曲を、本当に楽しめるかというと私は無理なんではないかと思うの。ほかのひとのことは知らないけど私には無理かなと思う。
◆まあ、そうは言っても何とかなるし何となくやっていけるんだろう。ていうかな、むしろそういうことをかなしむにあたって、人間のこと好きじゃないと漫画もゲームも心底楽しめないんじゃん! というところが一番の残念ポイントでそこがスタートかよっていうのはもうちょっと、何というか、とりつくろったりしたほうがいいのではないか。そんなふうに思ったりしたよ。

夜中の背徳 02:19

◆パンとクリームチーズと生ハムという、最高にうまくて最高に夜中に食べるべきじゃない感じのものをおいしく食べて、しかもおなかがふくれて満足したのでいますぐ寝る。邪悪そのもの。本当においしかった。おやすみなさい。