ササクレ屋

シロノワール(概念)

本日の動向

f:id:sasaq:20170823220308p:plain

23:15

◆昨日の夕方から結局朝方まで寝て、病院いって調剤待ってるあいだにクリームソーダなんぞをたしなんで買いものして帰ってきて、さあゲーム(玉集め)がんばるぞーって思ってたけどなんかもう夜が更けてった。7時間くらいあったはずなんだけど何をしてたのか自分でもよくわからない。わりと元気です。
◆大きい桃をまた買ってきてしまった。桃依存が激しい。桃なしでもやる気を出していかねばならん。あともうぶどうのほうが推されてた。ぶどうもいいよね…

f:id:sasaq:20170824102900j:plain
見てー

◆わりと元気というか、あまりにも脳の具合がアレなのでアモキサンの予備を朝晩のほかにちょっと足して飲んでたらにわかに筋トレしなきゃという気になってよくわからんけどハーフスクワット200回とプランクやった。まあやらないよりはいいのでなんでもいいや。明日のことはわからない。またやるといいと思う。
◆今日は予約してたDVDが届く日だったので(目的は特典CD)、このうきうきした感じ、まさに小娘だったころに好きな男子と交際を始めたばかりのうきうきと同じ成分が脳に出てる気配あるよな、などと気持ちの悪いことを考えていて世間に申し訳ない。
◆本当に申し訳ないのだがさっそく歌詞のブログも更新したしパート色分けも完璧だ。JASRACさんのデータベースはいまいち網羅されてない感あるのであんまりあてにはしてなくて、パッケージにJASRACの文字があるから管理楽曲だろうとみなしての見切り発車なので怒られたらやだな。
◆でもさあ、権利者にしかるべき印税が適切に渡ることはむしろこちらからお願いしたくらいで、……まあそれはさておいて、すべての楽曲の歌詞は、知りたいときにスマホなりPCなりで調べられる未来が来てもいいと思うんですよねわりと本気で。だからなんでもかんでも誰にでもタダで見せるべきという意味じゃなくて、利便として仕組みとしてそうあってほしいだけ。CDに歌詞カードついてても、もうこのご時世わざわざ見ようとする人、見ようとする機会は減ってる。私としては、すべてはwebにあってほしい。それはあっちのブログを始めた当初からずっと基本にあった。始めたきっかけはlivedoorブログがJASRACと包括契約して歌詞載せられるようになったと知ったからだけど、理念としては、ググっても歌詞が出てこない楽曲があるなんてだめだろう、なんでもあってほしい、だった。
◆だから最初ググればwebに全てあってほしいでアレカシっていうサイト名にしようかなと思ったけど、カシと歌詞とかけてるんですか上手いこと言ったつもりかよふひひみたいな脳内自分がうるさいので、ググってもないなどということなかれ、でナカレにした。……という物語を後日創作した気がする。本当のところはどうだったのかじつはもう覚えてない。
◆まあ本当のところのもうひとつは、癇癪と好きさとの歌詞でググってここに来る人が、数は少ないものの何年経っても絶えなかったので、違法じゃない手段で全部をwebに載せられるんなら、そのためだけにひとつブログを作っておいてもいいや(あとは気が向いたらやる)という話だった気がする。
◆あとはコピーされてローカルとか誰かと誰かのやり取りの中で保存されてまたコピーされて、コピーされてコピーされまくって、100年後にもその一部が残っているといいなと思う。たぶん世界には、たくさんコピーされまくったものしか残らない。和紙が長期保存に向いてて良かったねっていう事例は事欠かないと思うけど、それでも写本がたくさんあるものが主に残っているんでしょ(よく知らないで言ってる)。それ以外だとあとは風雨に耐える石版に刻まれて奉られるか発掘されるしかない。石はありがたみあっていいけど場所取るよな。デジタルデータは消えやすいしサービスが死んだり規格が変わったりもするから複製も大量にしとかないといかんよね。まあ今日もものすごく適当なこと、しかも権利者本人の意向や利益については無視しがちなことばっかり言ってるけど、とりあえず100年後にだって気軽に見つけられてほしい、そうあれかしと思う。昔こんな曲があったそうじゃが詳細は不明、で消滅エンドしてしまわないでほしかった。そんで、かといって自分のやってることがそううまく何かの役に立つとは期待はしてなくて、ただとりあえずググっても見つからないものから最低でも1件は当たりにヒットする状況にしてそれを数年でも続けられれば、いくばくかの複製を生むこともあるだろうとだけ思ってる。まあ100年なら、いまのあの人たち見てるとたぶん大丈夫そうだなと最近は思ったりもする。それ以上先のことはちょっと想像力の限界がきて、最終的にはだいたい無だろ…になってしまうのでいかん。
◆あとそんな遠い未来のことじゃなくて、ひとが歌詞を知りたいと思うときっていうのは、だいたいがとても気分が良かったり歌いたくてしょうがないときだったり、空耳で聞こえるここは本当はなんて歌ってるのかいま知りたいだったり、何かを思い出したいときだったり、あとなんかわからんけど大事なときだったりするじゃないすか。その機会にそれが叶わないというのがなるべくないといいと思うの。大事でしょ。
◆ごはん食べて玉集めしてくる。