ササクレ屋

シロノワール(概念)

花丸7話(ネタバレもあるが主に脱線)

◆愛染がかわいそうなので早く蛍と明石も来るといいね…。
◆花丸における江雪さんの扱いが特殊すぎる(ほめてる)。

烏賊
◆粟田口の中で鯰尾骨喰&鳴狐のポジションが短刀ちゃんたちとは違うのはまあ誰もが想定することだとしても、いち兄と薬研と粟田口短刀ちゃんたちというあの分け方の微妙なところ、二次創作有名どころのあの素晴らしいあれとかさ、あれだけど、あれだった。
◆わけがわからない書き方になったがあれだよ。薬研は頭なでなでされかけても俺は大人だって手を振り払ってしまうやつだし最後まで一緒にぶらんこ乗ろうとはしないやつなんだよ。やっぱり薬研はあれだよな。

でも顔赤いし泣きそうじゃん
◆でも公式は公式で、だからこそいいものではあるのだけど、二次のあのなあこ氏のシリーズが好きすぎて、ボリュームも違うから比べるもんじゃないのかもしれないけど、一期と薬研と粟田口短刀ズっていう同じテーマなら後にも先にもあれに勝るものなどないのではって思ったり。思ったりするよ。
◆このまえ資源マスで「いいモン見ーっけた」っていうのが子供っぽい台詞だということをちらっと言ったけど、薬研が短刀っぽいのは「いいモン見ーっけた」のほかにはいち兄との手合わせ終了のときの「もう一本頼む」だけなんよ。ほんとに嬉しそうでちょっとだけ甘えた感じでさ、全編通してたったひとつあの台詞だけが弟なんだよね。あれを聞いて、いち兄呼ぶぞって気合い入れて捜しに行った甲斐があったなほんとによかったなと思った。
◆万屋の「ぼったくりには気をつけてな」もからかうみたいで少年っぽさがあるけどあれは後藤くんの「迷子になるなよ大将」と同じジャンルだからな。あれはあれで非常に良いものなのですけど、とにかく私が言いたいのは「いいモン見ーっけた」と「もう一本頼む」はたまらんなということです。
◆極めてからはさらにその度合いが高まってるけど、薬研は短刀のくせに何がどうなってもずっと男前で頼られて任される兄貴であり続けてしまうので、だからうちだっていち兄を早く本丸に連れてきたかったし、そう思ったら一期一振はすぐ来てくれて、私はたかがゲームのことだというのに心底ほっとしたのだった。ニキはたまにはもっと気を抜いててくれてもいいのにって今でも思う。とりあえずまあ薬研にはアイスをあげよう。
◆「ぼったくりには気をつけてなw」が極になったら「ゆっくり買い物してくれ。周りは俺が見といてやる」だもんな。貴殿ほんとに大将守る気みなぎりすぎだろちょっとリラックスしようよのんびりするのも悪くないよ? おこたでアイス食べなよハーゲンダッツ買ってあげるから。
◆花丸の話に戻るけど、全編にわたる鳴狐Pの暗躍がとてもよかった。

あれは結局夢オチなの。どうなの。私もサイリウム振りたい…

歌終わりに控えめにガッツポーズする鳴狐P(衣装協力:燭台切光忠)
◆あと前回の水着とふんどしで花丸の審神者の好感度すごく上がってきてたけど、今回の一期のためつまりは粟田口短刀ちゃんズのためになら課金アイテムも辞さない心意気なところでさらに好感度上がった。いろんな意味で課金はときにジャスティスだよな…。

ちり紙と呼ばれる例の亀
◆劇中からイントロが始まってエンディングになだれこむ Get Wild スタイルいいよね…
◆ところで、花丸の薬研で唯一不自然というかやや不思議に思ってる点があって、それは薬研が審神者にまったくからまないところなんですけど、いやべつに不満とかいうことではなくて、この先も薬研に大将って言わせないのだとしたら、理由はわからないけど意図されたことなのだろうなあという気はする。
◆ゲーム本編だと、極いまつるちゃんほどではないけど長谷部とかと同じくらい審神者に話しかけてばっかりというかずっと大将大将言ってるじゃない。正確にカウントしてたわけじゃないけど花丸だと「あるじ」って1回言及しただけで、一度も審神者のところに行った様子もないし大将って呼んでもいないよね。前回も薬は作ってあげたけど加州が「主に渡してきた」って言ってたし、ニキはお見舞いもしないのか…とは思った。いやほんとに不満とかじゃないんですけど。
◆だいたい誉を獲得して審神者に報告するのも薬研(と極今剣ちゃん)だけだし、帰還時にはにっかりさんとかも言うけど遠征に行くまえから土産の話してくるのも薬研だけだし、まあ大将組はみんなわりとずっと大将大将って言ってくる感じではあるしだから大将組大好きなんですけどようするに何が言いたいかというと「大将」って呼ばれるの最高ですね! よーし今日もがんばろう!